マツモトキヨシの薬剤師求人トップページ > マツモトキヨシの薬剤師の仕事内容

マツモトキヨシの薬剤師の仕事内容

マツモトキヨシは全国展開している大手のドラッグストアであり、店舗数も多いので求人募集などもよく見かけます。中でも、薬剤師の転職先としては定評があり、マツモトキヨシへの転職を目指す人もいるでしょう。マツモトキヨシは一般の医薬品を扱うOTC型店舗と、調剤業務を行う調剤薬局が併設された調剤薬局併設型の2つのタイプの店舗があります。他にも調剤専門店など店舗の形態も様々です。まず、OTC型店舗での薬剤師の仕事内容というと、処方箋が不要な一般医薬品の説明や案内、販売、そしてお薬や健康上の相談業務などになります。

またドラックストアが混みあっていて店員だけでも人手が足らない場合などは、レジ打ちや品出しなども行います。風邪気味や胃の調子が悪いなど体に不調を感じて、市販薬を求めてお客さんが来店します。薬の種類が豊富だと、どの薬が自分の症状に最適かよくわからなかったり、悩んだりするので話を聞いてお客さんの要望にマッチした薬を選んだり、適切な用法や用量などを説明してあげるのが主な業務です。更に以前服用していた薬が合わないからどうすればよいかなど、薬や体調に関する相談を受けることも多々あります。

お客さんは薬のエキスパートである薬剤師が店舗にいてくれると、薬選びの際に頼りになりますし、病院を受診しないとなかなか聞けないことも気軽に相談できるというメリットがあります。店舗内では他の社員と同様、マツモトキヨシのスタッフとして店内の商品について聞かれたり、置いてある場所を案内したり、レジ打ちなどの仕事も担わなければなりません。

また、調剤薬局併設型店舗では医療機関を受診して、発行してもらった処方箋を持参して薬を求めに来ます。処方箋に基づいて、正しく薬を調合して待っているお客さんに素早く渡すという調剤業務を担います。その際に、薬の用法や効能、保管方法などについて説明したり、OTC型店舗と同様に薬や体調についての相談にのり、アドバイスするといった服薬指導も薬剤師の大切な仕事になります。そして、お客さんから薬の服用時の効き目や、副作用、飲みやすさなどについて意見をきいて情報を集め、製薬会社や医師などにフィードバックするのも薬剤師の役割とれています。また薬の在庫管理をして、足らない薬剤を発注したり、お客さんの薬の服用履歴などの薬歴管理なども大事な仕事の一つです。そして店長クラスになると、ドラックストア全体の運営やスタッフの確保や管理、売上やコストなどの経理など経営管理も重要な仕事になります。

>> TOPページでマツモトキヨシの薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!