マツモトキヨシの薬剤師求人トップページ > マツモトキヨシの薬剤師の研修

マツモトキヨシの薬剤師の研修

ドラックストア最大手のマツモトキヨシへ薬剤師として転職したいと考える上で、どのような研修制度があるのかも今後のキャリアアップのために把握しておいた方がよいでしょう。マツモトキヨシは、ドラックストア業界の中でも特に社内研修制度が充実している企業と言えます。研修は全社員共通、薬剤師職、自己啓発など対象が分けられています。全社員共通の研修としては、3ヶ月という長期にわたる新入社員研修があります。企業理念や社内のルール、一般的なビジネスマナーなどを学んだら、実際に店舗に出て実地研修に入ります。薬剤師の場合は調剤の仕方などの研修もあります。

更に、入社後半年と1年、2年、3年目には新入社員フォローアップ研修が行われます。どの位業務を習得したかを認定するもので、座学の講義を受けて試験もあり、幹部との面談では現在の仕事状況と取り組み方の見直し、今後の課題などを話し合います。また、特に転職した人に関係あるのが中途入社者研修です。入社後5日に渡り、社内ルールや店舗のレジなど機器の操作方法、医薬品や化粧品などに関する専門知識を学びます。そして中途入社者は、入社3ヶ月後にマツモトキヨシの社員として必要な知識や技能が習得できているかをチェックするフォローアップ研修を受けます。この際に調剤実務やプライベートブランドなどについても学びます。

入社後ある程度経験を積んでから、更なるキャリアアップを目指すための研修もたくさんあります。特に管理職としての知識などを深めるために女性を対象としたチャレンジ店長研修や店長登用を目指して、6日間かけてリーダシップやコミュニケーションスキル、マネージメント力などを養う店長候補者研修、店長として必要な専門知識や経営力、運営マニュアルの習得などの向上を目指して、店長研修やそのごのスキルアップ研修なども行われます。他にも早期に次世代のリーダーとしての人材を育成する目的の経営人材早期育成プログラムや組織をまとめ、けん引していく力や経営能力を高め、将来的な幹部を育成する経営幹部研修などもあります。

そして薬剤師職向けの研修としては、OTC医薬品に関する知識や接遇などを学ぶOTC薬剤師研修や医薬品の専門知識、リスクマネジメントなどを学ぶ調剤薬剤師研修などが挙げられます。更に、教育専門機関にて行う無菌調剤やフィジカルアセスメント研修などは、薬剤師としての専門性をより高め、在宅医療や医療スタッフと連携した医療が実践できる人材を育成するために行う調剤実務研修などがあります。

>> TOPページでマツモトキヨシの薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!