マツモトキヨシの薬剤師求人トップページ > マツモトキヨシの薬剤師の退職金

マツモトキヨシの薬剤師の退職金

薬剤師の転職活動をしていく中で、転職先で長く勤めようとするとやはり退職金も気になるところです。薬剤師は専門職で、国家資格を保有するため基本的には給与水準が高い職業です。薬剤師といっても、活躍の場は病院や調剤薬局、ドラックストアや製薬会社など様々です。そしてドラックストアの求人の中でも、業績が良いマツモトキヨシを転職先として考える人も増えています。退職金制度は法律で規定された制度ではなく、マツモトキヨシでは、福利厚生の一環として会社独自の就業規則に規定し、退職金制度が整えられています。

退職金は、確定拠出年金として支給されます。確定拠出年金というのは、毎月一定額の掛け金が自分の年金口座で積み立てられて、長年運用し続けそこで得た給付金を将来的に年金として受け取られるというシステムになっています。確定拠出年金に加入すると、原則として60歳から受け取れる老齢給付金や、高度の障害を負った場合に受けとれる障害給付金、死亡時の一時金として支給がなされる死亡一時金の3つが給付金として受け取れます。

この制度を退職金とすることで、例えば掛金の期間、つまり勤務期間が1ヶ月以上3年未満など短いと積み立て金が少額になり、転職などで確定拠出年金にもう加入できない状況になったら、脱退ということで一時金が場合によっては受け取れることもあります。掛金を企業側が全額負担し、掛金に納付年数を掛けた金額が退職金として支給されるというわけです。

一般的に薬剤師の退職金としては、勤務年数に応じて決まり、3年以上勤務していれば退職金が支給されるところがほとんどです。企業の規模によっても異なりますが、中小企業だと勤続5年では平均して50万円前後、勤続20年では300万円前後、勤続30年になると約600万円前後だとされています。大企業の場合は、勤続5年は中小企業と額はそんなに変わりませんが勤続20年では500万円前後、勤続30年になると1000万円近くになります。

また、自己都合で定年前の退職だとやはり退職金も少なく、定年退職や会社都合での退職金だと金額も多いのが一般的です。マツモトキヨシの場合は、ドラックストアなので会社自体の業績が退職金の額を左右する場もあります。薬剤師の給与やボーナスなどは他のドラックストアや病院などに比べると多いですが、退職金は病院などと同等の金額か、少し多い位だとされています。退職金はその企業の就業規則に定めれているので、転職の際はしっかり確認しましょう。

>> TOPページでマツモトキヨシの薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!