マツモトキヨシの薬剤師求人トップページ > マツモトキヨシの薬剤師の採用基準

マツモトキヨシの薬剤師の採用基準

インターネットなどを検索しても、薬剤師の求人案件は非常に豊富にヒットします。無料や有料と問わず多くの求人雑誌でもドラッグストアの薬剤師求人を見つけることが出来るでしょう。その中で人気の高い転職先と言えば、マツモトキヨシが挙げられます。ここではマツモトキヨシの薬剤師の採用基準について紹介をしていきましょう。

マツモトキヨシに転職を希望して、入職を実現させるためには、採用基準というものを知っておきましょう。マツモトキヨシが薬剤師に求めるのは、予防からプライマリーケアまでを担う、患者さんの一番身近な存在になれる医療人を目指しているということです。医療関係者でもなく、医療の知識を有していない人間からしてみると、自分の肉体の変化や症状というものを、的確に他人に伝えることは難しいこととされています。そこで薬剤師は、その数少ない情報の中から、しっかりと患者さんの言葉に耳を傾け、必要な情報というものを引き出しながら、その症状に一番合った薬を提供したり、アドバイスをする義務があると考えられています。

これがマツモトキヨシが考える薬剤師像の中核となる考え方になりますから、その点をしっかりと把握してから、転職活動や面談に望むようにしましょう。マツモトキヨシとは言っても、様々なグループ会社が存在しており、様々なフィールドで活躍する薬剤師が存在します。たとえば、一般的な薬剤師像に近い、調剤に特化した薬剤師です。マツモトキヨシといえばドラッグストアのイメージが強いですが、多くの調剤設置店や調剤専門店舗を有しています。こういった場所では、薬剤師本来の調剤を中心とした薬剤師を目指すことができます。

また調剤業務にプラスして、OTCを手がけていく薬剤師です。調剤業務のみならず、OTC販売を行い、さらに健康食品や化粧品などの知識も身につける。ご利用されるお客様のトータルヘルスをサポートする進化型の薬剤師を目指すことも可能です。そしてDI室や調剤推進などの薬剤師の専門性を存分に活かして本部スタッフとして様々な提案をする仕事に就く事もできます。このようにマツモトキヨシが求める薬剤師像はたったひとつではありません。

こういった情報を事前に収集しておき、自分の中で情報を整理しておきましょう。そこから自分独自の薬剤師像というものを見つけ、それを面談や書類審査の場でしっかりと表現することが出来れば、様々な人材を求めるマツモトキヨシの採用基準をクリアすることが出来るといえるのではないでしょうか。

>> TOPページでマツモトキヨシの薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!