マツモトキヨシの薬剤師求人トップページ > マツモトキヨシの薬剤師のやりがい

マツモトキヨシの薬剤師のやりがい

マツモトキヨシで薬剤師として働いていく上で、どのような場面でやりがいを感じるのかも知っておきたい所です。ドラックストアというと、店舗内に調剤薬局が併設している調剤併設型ドラックストアと一般の医薬品を販売するOTC型ドラックストアがあります。マツモトキヨシは店舗の規模や地域によって両方のタイプの店舗が存在しますが、徐々に調剤併設型の店舗を増やしつつあります。更に調剤専門店として調剤のみを行う店舗もあります。マツモトキヨシで調剤専門店や調剤併設型店舗で、調剤に関わる場合は自分が調剤した薬の効果で症状が改善したと聞くことが、最もやりがいを感じる瞬間だと言えます。

OTC型店舗では、お客さんの健康相談にのってあげたり、症状を聞いて最適な薬を紹介して感謝された時にやりがいを感じるでしょう。直接調剤した薬を手渡しする際に、薬の飲み方などの質問をされる機会も多く、薬剤師として患者さんに頼られていると実感し、何とか役に立ってあげたいという気持ちが芽生えることも仕事へのやる気に繋がります。今までの経験などを踏まえて、的確なアドバイスをしてあげられるのも専門知識を持つ薬剤師だからこその特権です。患者さんだけでなく、例えば一般医薬品を服用した患者さんなどから薬の効き目や副作用などを聞いて把握し、それを製薬会社などに伝えることで、薬剤の改善や新たな開発にも貢献していることになります。

薬剤師は単に薬を調剤して、患者さんに渡すだけではなく、薬そのものについて詳しく知り、製造元へフィードバックすることで医療業界にも貢献しているということになり、やりがいを感じる場面も多いのです。またマツモトキヨシでは、キャリアアップを目指す社員のための研修制度などが充実しています。やる気があれば、研修を受けてどんどんキャリアを積み、昇格昇給できるチャンスや可能性が広がっています。年齢や性別などに関係なく、頑張った分だけ自分のキャリアに反映されていくというシステムも、仕事へのやりがいややる気を生み出す原動力になっていると言えるでしょう。

キャリアを積んで、店長になると本社の方針などベースとなる施策はあると言えども、お店の運営は店長の手に委ねられます。自分の考えで店舗運営を行い、売り上げが伸びたり、お客さんが楽しく買い物している姿を見ることも仕事のやりがいへとつながります。そして、マツモトキヨシは業界の中でも、特に給与が高い企業として知られており、まじめに勤めればそれに見合った報酬を手にすることができるのもやりがいの一つだと言えます。

>> TOPページでマツモトキヨシの薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!