マツモトキヨシの薬剤師求人トップページ > マツモトキヨシの薬剤師の常駐の求人

マツモトキヨシの薬剤師の常駐の求人

2011年度から、ドラッグストアの大手であるマツモトキヨシでは、2012年度末までの間に全店舗で薬剤師を常駐させる方針を決定し、それを実行に移しました。このためにマツモトキヨシでは、薬剤師の常駐の求人広く行っている状況です。

このため、マツモトキヨシグループの多くで、薬剤師の常駐の求人を見つけることが出来ます。転職エージェントなどはもちろんのこと、求人雑誌やインターネットの検索でも、非常に多くの薬剤師求人を見つけることが出来ます。これは今後、第1類医薬品が許可される期待が強いということから、商品の構成比率の変更を考慮した結果だと言われています。

株式会社マツモトキヨシはもちろん、株式会社マツモトキヨシファーマシーズ、株式会社ぱぱす、株式会社マツモトキヨシ甲信越販売、株式会社マツモトキヨシ四国販売、株式会社マツモトキヨシ九州販売、株式会社トウブドラッフというマツモトキヨシグループの関連会社全体で、常駐の薬剤師の求人を募集しているような状況です。

それぞれの関連会社によって、常駐薬剤師の待遇面などが変わってきますから、情報収集というものはしっかりと行っておきましょう。株式会社マツモトキヨシであれば、薬剤師の仕事は、調剤業務及び、OTC等の接客販売、店舗・薬局のマネジメントを任されることになります。年俸は465万円勤務時間は変則シフト制で実働1日8時間の勤務。年間休日は116日となっています。

株式会社マツモトキヨシファーマシーズでは、薬剤師の仕事は調剤薬局のマネジメント業務になり、給与は年俸制で394万円〜という形になっています。諸手当として、各種資格手当、通勤交通費が全額支給、時間外手当や役職手当がプラスされます。これは年俸とは別支給になります。勤務時間が変則労働時間制となっており、原則として実働8時間、週40時間以内の勤務となっています。年間休日は116日となっていますから、前述の株式会社マツモトキヨシの待遇とは、仕事内容から給与、労働時間まで違ってきていますから、自分に合ったものを選択したいところですね。

このようにマツモトキヨシと言っても、様々なグループ会社が存在し、それぞれによって、同じ常駐薬剤師の求人でも、任される仕事や、給与や労働時間などの待遇面に差というものが出てきます。こういったものは事前にチェックをしておき、個人レベルでの収集が難しい場合には、薬剤師専門の転職エージェントなどを利用しましょう。

>> TOPページでマツモトキヨシの薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!