マツモトキヨシの薬剤師求人トップページ > マツモトキヨシの薬剤師の新卒求人

マツモトキヨシの薬剤師の新卒求人

誰もが知っている有名ドラッグストアといえば、マツモトキヨシが挙げられるのではないでしょうか。近年では、薬剤師の多くが大手ドラッグストアチェーンへの転職を希望されています。それまで薬剤師の就業先といえば、調剤薬局を選択する方がほとんどでしたが、近年ではそのパワーバランスも大きく変わってきているというのが現状です。

マツモトキヨシを始めとするドラッグストアへと薬剤師が転職するメリットは、どんなことがあるのでしょうか。まずは薬剤師としての知識やスキルだけではなく、店舗管理や店舗経営という幅広い業務に取り組むことが出来るということです。これは将来というものを考えた時、非常に大きな財産になると言えるのではないでしょうか。経営のノウハウなどを把握しておくことによって、独立開業の際にも大きな役に立つことでしょうからね。

またOTC販売についての幅広い知識を身につけることが出来るということです。これも前述の将来というものを見据えた時に役に立つと言えるでしょう。OTC医薬品は医師に処方してもらう医療用医薬品ではなく、薬局であったり、ドラッグストアなどで販売されていて、利用者が自ら選択して購入することができる一般用医薬品のことを指します。OTC医薬品は、3つに分類されており、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品があります。これらの薬を購入するために、相談対応の義務というものがあるのです。対応する専門家として薬剤師や登録販売者が必要であり、第1類医薬品の相談は薬剤師の資格を有している人間しか相談に乗ることができないのです。

マツモトキヨシのイメージといえば、薬屋さんというイメージよりも、化粧品や日用品などの多くの生活用品を揃えており、しかも安いということから、薬剤師の需要はそこまで高くはないのではないかというイメージを持たれている方も多くいらっしゃいます。しかしながら、求人を見てみると、薬剤師の新卒求人を中心として薬剤師を募集していることが多く、非常に高待遇で迎える体制が整っています。

薬剤師の資格を取得している方であれば、年収が465万円となっており、薬剤師職の店長ともなれば、年収で700万円。薬剤師職の課長職では、年収で1100万円の収入を得ることが出来ます。薬剤師の資格を活かしながら働き、販売スキルや、店舗経営などの知識を経験して身につけていくことが出来れば、一般的な薬剤師の仕事では獲得出来ないような収入を得ることも可能なのです。

>> TOPページでマツモトキヨシの薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!